ハワイでの海の安全

ハワイの海で安全に

多くの人々がハワイを旅する理由は海岸と豪華な水が理由です。白い砂浜の浜辺で出来る日光浴と、立派な海洋生物、岩と自然の海岸線を持つすばらしい岩礁で出来る海水浴。そして、世界でも最高のサーフィンの波があるといわれるハワイなのです。

海洋の動き

旅行者の多くはハワイの波の力を少し甘く見ています。

決して海に背を向けてはいけないのがまずは第1の規則です。その理由は、思いがけない波がいつ来るか分からないからです。もし海の中にいるなら、いつも波から目を離さないことです。

決して、一人で泳いだりカヤックはしないこと。もし浜からの目に見えない気流に巻き込まれたりしたら、大変な事になるからです。

もし不安なら、ライフガードに気流の状態を聞いてみるといいと思います。その為にライフガードはいるのですから。但し、彼らたちでさえも分からない事もあるので、やはり、十分に注意はして下さい。

海の生き物

クラゲ: 特に嵐の後で満月の後の9日から12日の間には、クラゲに出会うことがあるかもしjellyfishれません。一番の多いクラゲの種類はカツオノエボシです。カツオノエボシは小さいですが、刺されると非常に痛いのです。彼らは長く青い糸の様な触角で、青いゼリーの様でもあり直ぐに分かると思います。そして海の中にたくさんいます。しかし、見かけた時は水に入らないようにして下さい。

もし刺されたら、筋肉の軟化剤を塗るのが一番いいのですが、緊急の処置としては尿を利用するのがいいとされています。あまり食欲が出る話ではありませんが、痛さを感じたらそんなことは言っていられません。

刺されもお酢は掛けない様に、痛みを増すだけです。掻いてもだめです。一番いいのは海の水か、きれいな水で洗う事です。もしアレルギー反応および呼吸困難になったなら、すぐに救急車を呼びましょう。

shark鮫: あなたが水に入る事によって、食物連鎖が変わります。しかし、そんなに心配しないで下さい。スイマー、ダイバーまたはサーファーが鮫に殺される様な事が頻繁に起こることははありません。ワイキキで、車に衝突にするチャンスの方がはるかに大きいのです。ただ、常識として海で遊んでいる時は気を付けて下さい。

ほとんどの鮫の攻撃が起こるときは、海洋の捕食者が人間を食べ物と勘違いすることで起こってしまうのです。特に、サーフボードが鮫にアザラシを思い浮かばせてしまうのです。そういう訳で、攻撃はサーファーに多いと言われていますが、たくさんのサーファーが毎日海にいる事を比較すると、非常に小さい総計での攻撃率となります。出来るだけグループでサーフィンし、夕方および早朝時間を避け、いつも注意を心がけてください。また、他の鮫の攻撃等は、濁水で起こったりします。鮫はあまりよく見ないし、動いているものに敏感なのです。

また港の近くや、船の航路、川の口で泳いだり、ダイビングをする事は出来るだけ避けましょう。スノークリングしている時は、魚大群の真中に行く事を避け、まわりの海生動物の動きに注意して下さい。もし魚たちの速く不安定な行動を見かけたら、浜にすぐに戻ることです。
イルカに保護される事を頼ってはいけません。彼らは対抗的ではないので、通常鮫の気配を感じると、いなくなってしまいます。いつもボート、友人の近くにいるようにしましょう。

他の海生動物

murray eelマレーのウナギ: ウナギは通常、脅されなければ無害です。彼らは、普通礁の洞窟に住んでいます。珊瑚や石の穴を見ても、その近くに手を入れたり、あまり近づいてはいけません。もし、ウナギが近くに泳いで来た時には、平静をとどまり、近づいてはいけません。もし、ウナギが近寄って来ないようなら触らないようにして下さい。

sea turtleカメ: “honu”はハワイで非常に多が、絶滅しかけたカメと言われています。彼らは私達の保護を必要とし危険は必要としていないのです。しかし彼らは脅されてると感じれば、噛みます。なので、水の中で優雅な、古代創造物と言われるhonuを見かけた時は注意して下さい。間隔を保ち、カメの存在を楽しみましょう。オアフの北の海岸のLaniakea浜では、カメは人から海藻を与えられるのに慣れていて、水の中では人を怖がらないようです。海の中で多くのカメに囲まれる事があるかもしれません。少し、驚くかもしれませんが、パニックに陥らず、速い動きをとらないで下さい。そしてカメには触れてはいけません。カメは細菌に非常に敏感であり、絶滅気味なのですから。

sea urchinウニ: ウニの形はそれ自身を表します。その針そして毒はあなたの皮の下で非常な苦痛を感じさせるかもしれません。彼らは岩礁に住んでいて、明らかに見える時と小さい隅に隠れる場合があります。水中では踏まないように気を付けて下さい。

coral珊瑚: 珊瑚の端は非常尖がっているので、気が付かない間に手を切ってしまう事があります。歩くときは足を置くところに注意し、浅瀬でのサーフィンやブギーボードでも気を付けて下さい。