ハワイの日没

ハワイのサンセット

ハワイのサンセットについては、聞いた事や、写真を見た事があると思いますが、ここであたなもついに本物を見る事が出来るのです!ハワイの最大の魅力は、特有で心に強く残る様な日没の眺めでしょう。豪華な赤、オレンジ、ピンク、そして青の色合いが心を驚かせ、太陽が地平線へ落ちていくのです。日中12時間は我々の生命と共に太陽が輝き、海辺と屋外の楽しみは仕事の後に日没と共に楽しめるのです。

華麗な色

日没の時には、太陽の光は日中よりも照らされながら沈んでいくのです。それは、日中に分散される高頻度の粒子が、空気中のライトを分散させるからなのです。長波長が少なく分散するで、日没が赤い色相を引き出す事は知っているでしょう。ハワイの地理学、熱帯温度、湿気のレベル、いろいろな他の要因によって、独特の色合いのサンセットを見る事が出来るのです。

地理学

ハワイは北半球にあり、赤道より20°北で、グリニッジ子午線の155°西に位置しています。ハワイの遠隔地理的位置の関係で、眺めはかなり特有であります。ハワイの日没は、地元の人と旅行者の最高の娯楽であり、その経験は他では味わえないでしょう。

迅速な日没

ハワイの日没は時期によってですが、5:45 p.m.から7:30 p.m.でどこでも見られます。太陽が地平線に近くなると、早く“日没”の場所を見つけて下さい。さもないと、それは直ぐに終わってしますのです。太陽が地平線に近づいてから30分以内に消えてしまうからです。ボーっとしてると見逃すかもしれません! たそがれも、また比較的短いのです。太陽が消えた後、15分位で真っ暗になってしまうでしょう。

緑のフラッシュ

サンセットの現象“緑のフラッシュ”を聞いたことがあるかもしれませんね。それは精密な瞬間で、太陽が消え、全てが海に沈んでいった時、強いエメラルドの様な薄青いライトが見える現象です。緑のフラッシュは、島でよく見られる虹と同じ様な現象で、日光が色相に基づいて、さまざまな角度や強度で反射すると言う光の分散によって引き起こされます。

緑は特徴のある色相であり、日没に続き素早く彩度を表すのです。そんな緑のフラッシュは、日の出の前に現われる事もあります。緑のフラッシュを見たいのなら、雲のない夕方を選んで下さい。フラッシュは、非常に短い間に起こるので、写真に取るのは難しいかもしれません。

主な日没の眺め

オアフの北の海岸浜を聞いた事があるかもしれませんが、そこでは薄暗がりのすばらしいカラーパレットが有名です。ホノルルのヨット港の近くの桟橋、ワイキキビーチ、アラモアナビーチ、マジックアイランド等も、特に冬の季節の 9月中旬からの3月にハワイの日没を見るのにはよい場所です。他の島では、障害物のない西に向かった浜辺などが良いでしょう。

ハワイの日没をまだ経験していないのなら、是非ハワイの夕方の美しい空を見ながら、日没を絵にしてもよいかもしれませんね。もし、穏やかで平和な景色が楽しめないのなら、カヌーやカイヤッキ、サンセットディナーやカクテルクルーズ、サンセットヘリコプターなどを試してみてはいかが?