ハロナ潮吹き穴

ハロナ潮吹き穴、オアフ島

ハロナ潮吹き穴は、オアフ島の南海岸、ハナウマ湾の近くの人気観光スポットです。急な崖っぷちにあるとても景色のいい場所です。潮吹き穴が、高速道路にある見晴台(駐車場あり)から見られます。

潮吹き穴は、水中にある溶岩洞で、入り口が両端にあります。波により海の水が洞に入り、洞窟が狭くなるにつれ圧力が増し、勢いよく水が穴から吹き出します。その高さは9mにも及ぶ時もあります。

この自然現象は、高波の時に一層見ごたえがあります。波が高い分だけ、噴水が高くなるためです。潮吹き穴を近くで見るため、崖を降りていく方もいますが、崖はとても滑りやすく尖っているため、お勧めしません。

潮吹き穴の周辺はとても危険で、近寄りすぎた人の中には命を落とした人もいます。なので、見晴台の安全な距離から景色を楽しむことをお勧めします。

ハロナはハワイ語で「覗き込む場所」という意味です。ここからの風景はとても美しいです。晴れた日には、隣のモロコイ島、マウイ島、そしてラナイ島が見られます。冬の11月から3月にかけて、ザトウクジラを岸沿いに見ることが出来ます。海亀も沢山生殖しています。きれいな透き通った水が、海の生物を見つけるのを簡単にしてくれます。

潮吹き穴の右(西)には、ハロナ・ビーチ入り江があり、永遠のビーチ(「この場所から永遠に」という名の映画にちなんで)とも呼ばれています。

ハロナ潮吹き穴の大要

  • オアフ島南海岸の人気の見晴らしスポット
  • 水中にある溶岩洞から噴水が起こる

場所:
Kalanianaole Highway, southeast shore of Oahu (between Hanauma Bay and Sandy Beach Park), Honolulu HI 96825