シャークス・コーブ

シャークス・コーブ、オアフ島

心配は不要です、シャークス・コーブ(パノラマを見る)で泳いでも、サメと出くわすことはほぼないでしょう。どうしてこのような名前が付いたかというと、岩礁の形がサメのようだと有名な話の中で説明されているからです。

シャークス・コーブはオアフ島北海岸の火山石のビーチで、ププケア・ビーチ公園の一部です。水底の石の構成と、海の生物がとてもユニークです。カラフルな熱帯魚と海亀がたくさん潜んでいます。害のないホワイトチップ・リーフ・シャークも入り江の外で見られます。

このような海の世界が、シャークス・コーブがシュノ-ケラーやスクーバダイバーの間で人気な理由です。火山石が水底の洞窟やトンネルを作っていて(4.5から13.7メートル)、経験者のダイバーにとってはとてもスリリングです。

ここにはライフガードはいません。もしシャークス・コーブで泳ぎたい場合、サンゴ礁を踏んでしまわないようにひれを履くことをお勧めします。夏は海が穏やかなため、水底の洞窟を探検するのに最適です。冬は高波のため、シャークス・コーブが泳ぐことはお勧めしません。

シャークス・コーブは、80エーカーある海洋生物の保存区域の一部なので、生物に害を与えないように、エリアをきれいに保つように注意が必要です。

シャークス・コーブの大要

  • オアフ島北海岸の火山石のビーチ
  • 水底の石の構成と、海の生物が有名
  • シュノ-ケラーやスクーバダイバーの間で人気
  • サンゴ礁を踏んでしまわないようにひれを履くことを勧める
  • 水底の洞窟を探検するのには夏が最適、冬は高波(11月から2月にかけて)
  • 80エーカーある海洋生物の保存区域の一部

場所:
59-671 Kamehameha Hwy, Haleiwa HI 96712