カイルア・ビーチ・パーク

カイルア・ビーチ・パーク、オアフ島

もしハワイを1マイルにまとめようとしたら、カイルア・ビーチ公園のようなものが出来るでしょう(もっと写真を見るパノラマで見る)。オアフのウインドワード・コーストにあるカイルアは柔らかい白砂、高く茂ったアイロンウッドの木とココヤシ、そして透明感溢れる青緑の水全てを備えています。ローカルさえもこの場所に飽きることはありません‐ 人々が朝から運動をしたり、夕暮れまでバーベキューを楽しむ姿が見られます。

ビーチではサーフィンが楽しめる波もありますが、初心者にもちょうどいい穏やかさです。カイルアは更にワールドクラスの凧揚げとウィンドサーフィンが出来る場所です。よく、海に入りカイルア海岸の真ん中、北あたりで凧揚げ、ウィンドサーフィンを楽しんでいる人が見られます。海水浴、子供連れに最適な場所はボートの進水路の近く、またはカエレプル川が海につながるエリアです(ビーチの南端)。ライフガードがこのエリアを監視しています。

もしカヤックをしたい場合、人気スポットはポポイア島の近くです(平らな島とも呼ばれています)。海岸から400mほど離れています。この島は砂で覆われた海辺が少しありますが、後は荒地になっています。島の真ん中に昔は釣り神社があったのですが、1946年の津波で破壊されてしまいました。ハワイ語で、「ポポイア」とは「腐った魚」という意味です。名前の由来は、神社に残された魚の捧げものから来たと言われています。このエリアはシュノーケルも楽しめ、特に夏が最適なシーズンです。緑の海亀やほかの変わった海生物も見つけられます。平らな島は、海鳥の聖地でもあります。

一つ気を付けないといけないのは、たまに姿を見せるカツオノエボシとハコクラゲです。こちらの生物は主に満月の9~12日後に海岸に押し寄せますが、他の時期にも表れることがあります。刺されたら少し触れただけでも、とても痛くはれ上がります。ビーチに注意書きの看板があったら気を付けましょう。

カイルア・ビーチは長年にわたり浸食に悩まされていますが、ここ最近、2013年1月中旬の何日にもわたる高波からの影響で事態がさらに深刻になっています。高波は南端の海岸を大幅にさらっていき、樹木の根っこをむき出し多状態にしました。海岸沿いに植えてあった木は、大幅に傾き、あるいは倒れてしまったため、市はこれらを切り倒しざるを得なくなりました。

2012年の3月、市はカエレプル川からの砂を敷きビーチの浸食を改善しようとしましたが、その砂は現在無くなっています。こちらは2013年の2月に取られた写真(写真を見る)で、1月の1週間に渡る高波からのダメージを映しています。南端のカイルア湾がとても幅狭くなっており、水沿いの木は根っこがむき出しになっています。

カイルア・ビーチ公園の大要

  • 35エーカーのビーチ公園はカイルア・ビーチの南端に配置されている(カイルア海岸の全体の長さは4km以上)
  • 細かい白砂のビーチで、子供連れにぴったり
  • 穏やかな波で海水浴に理想的
  • 沢山の樹林と、影になっているピクニック・エリア
  • 公園内に広い芝生
  • ビーチの南沿いに一般も使えるボートの進水路
  • コンデ・ナスト雑誌が1998年にカイルアをベスト・ビーチと表彰
  • アドバイス‐ 風当たりが涼しいので、海水浴後に寒くなる場合に備えて薄いジャケットを持っていくといいです

場所:
450 Kawailoa Road, Kailua HI 96734