ハワイの水中の世界

ハワイの水中楽園を発見したら

多くの人々は、ハワイの美は地球上のどこよりも最高であると言っています。そして、何が何百万人の訪問者を引き続けるといえばそれは海の中にあります。ザトウクジラ(humpback whales), バンドウイルカ(Bottlenose dolphins)、アカエイ、アシカ、マンタレイ、多彩な礁の魚および巨大なウミガメ-これらはほんの一部のすばらしく、多様な8つの主要なハワイ諸島の太平洋の海岸線の海の生き物です。スヌーバ(スノークリングとスキューバダイビングの2つの組み合わせ)は、地上に住む私たちに複雑な海の環境を観察する事の出来る人気のある活動です。

クジラの監視

ザトウクジラは非常に魅惑的なほ乳類です。水上から飛び上がる強く打つような尾の動きは、まさに見物人を驚かせます。クジラの監視季節は、12月から5月で数多くの期待を抱いた人々がクジラがよく来ると言われているオアフのMakapuu灯台およびマウイのLahainaを含むハワイの海岸線に、やって来ます。北太平洋のザトウクジラ60%の多くは冬の間暖かいハワイの水で過ごし、交尾、出産を始めます。クジラの子供は3,000パウンド(1,360のkg)以上もします!

ウミガメ

優美なウミガメは呼吸の為に海の表面を泳ぎ、また海なのかに戻ってしまいます。啓発的なこんな生き物の頭をちらりと見られるだけ幸運なら、それらの存在をも感じることが出来るかもしれません。緑のウミガメは80年も生き、重さはなんと300lbs (136kg)!ハワイで見つけられるウミガメの種類は4つで: green sea turtle (緑ウミガメ)、the hawksbill、the leatherback、そして the olive ridleyです。The honuかgreen sea turtleが一番よく目にするでしょう。但し、honuの数は1973年のFederal Endangered Species Actという漁の違法、湾岸の発達、汚染、海洋の残骸、付帯的な捕獲を取り締まった法律が定まる以前に大量に捕まえられた為、昔よりはかなり減っています。ウミガメへのハンティングや嫌がらせの刑罰として$100,000取られる事もあります! 現在、回復チームはハワイのまわりでウミガメの数増加を試みた計画の実行中です。

イルカ

イルカの様な魅惑的なほ乳類は、興味をそそり優雅で、また見ていて楽しいです。それらは口笛や、ボディーランゲージを頼りにコミュニケーションをし、エコロケーション(水中音波探知機)を使い食べ物を探します。ボトルノウズ(bottlenose)と、スピナー(spinner)を含む15種類程のイルカがハワイで見つけることが出来ます。もし、 海で泳いでいる間に、イルカに出会わせてもイルカへの尊敬の気持ちを忘れないで下さい:

  • 野生のイルカには触れないこと―違法です! イルカに接触出来るプログラムが幾つかあるのでそれを利用して下さい。
  • 突然または攻撃的に突っついたりしないこと。
  • イルカと平行に泳ぐ事。
  • イルカの家にお邪魔していると言うことを忘れない事。イルカの動きに邪魔をしないこと。

モンクアザラシ

地球には3つの種類のモンクアザラシが存在していると言います―カリブ海モンクアザラシ、地中海モンクアザラシとハワイモンクアザラシです。別名monachus schauinslandiとしても知られているハワイモンクアザラシは、特有のモンクアザラシとしても世界に知られています。

ハワイのモンクアザラシはthe Endangered Species Act(海の生物滅亡)とthe Marine Mammal Protection Act(海の生物の保護)によって保護されています。現在、モンクアザラシの数はおよそ1,500であると言われています。絶滅しかけている生き物とも言われている為に、嫌がらせをしたり、捕まえたり、殺したりすることはハワイでは違法とされています。
ハワイのモンクアザラシは人が多く住んでいるハワイ島の北東にあるあたりで、あえて言えばカウアイの北西、七つの島の最も北の島で繁殖をすると言われています。まれに、ハワイ島の、特にカウアイかオアフで休んでいるモンクアザラシが見られます。但し、彼らは孤独が好きな為、長く一つの場所には住んだりしないのです。

大人のモンクアザラシは約7フィート(2.13 m)まで成長し、重さは約400から500ポンド(181から226のkg)位あると言います。そして、女性は頻繁に男性より大きいといいます。彼らはタコ、ウナギ、イセエビおよび岩礁を食べます。ハワイのモンクアザラシは600フィート(182 m)まで潜る事ができ、水の中に20分間くらい留まる事が出来るといいます。

Humuhumunukunukuapuaa

え、何?と思うでしょう。ハワイ州の魚です。名前を発音するのには6部に分けて読むのがいいでしょう:フム、フム、ヌク、ヌク、アプア、ア。ハワイ語で “ブタの鼻の付いたモンガラカワハギ”という意味です。“フム”とはすべての島のまわりに住む明るく着色された、現地の魚であると言われています。

マラマイケカイ(Malama I Ke Kai)

マラマイケカイとは、“海を守る”という世紀にさかのぼる重要なハワイを価値する意味があります。ハワイの聖歌の世界では kumulipoとはすべての生命は海から始まると言われています―人間とは、生命が存在するすべてのもの、特に海と結ばれているのです。ハワイの列島とは、海の中の島として表わされているのではなく島の海と呼ぶ方がむしろよいでしょう。それにより海洋は、ハワイとその島の重要な意味を持つのです。古代ハワイ州人は海との親密な知識を共有し、住民への最高の尊敬を示しました。何年もの間ハワイの独特な生態系は独立的で、存続を保持する為に続けられていました。ハワイへの訪問者はいくつかの方法で、“malama i ke kai”(海を守る)事が出来ます:

  • 訪問する前にハワイの敏感な生態系について学ぶ事。
  • 海洋の近くですべての看板の注意を守る事。
  • ハワイの浜をごみやくず等で散らかさない事。
  • 持って来たものは持って帰る事。もし、ごみが落ちているのを見つけたら、拾ってゴミ箱に入れる事。
  • 侵害や投げ捨て等を目撃したら報告をする事。
  • 重要な文化的な場所、造岩、または珊瑚礁の神聖を汚さない事。
  • 海洋生物にえさや害を与えない事。
  • 珊瑚、砂や石を取ったりしない事。

ダイビング・スノークリング

ハワイの海岸の地勢レイアウトは、世界中からのダイバーを引きよせます。火山活動で作られたハワイ諸島は、定期的なビックアイランド島の活火山Kilaueaの噴火で溶岩洞、華やかなアーチ、および海の底の珊瑚の庭の形や様子を常に変化させています。ハワイのこう言った水中都市で、独自の海の生物を観察できるのはダイバーだけです。

珊瑚礁

ハワイの海岸線を囲む、数多くの珊瑚礁の生態系は複雑な構造になっており、無数の生命体がお互いに助け合った海洋の世界で育まれています。水が加えられたり、栄養を与えられたりすることが海を沈殿物、嵐などから保護されていることです。そして、珊瑚礁は海底の活力源と言われています。ダイバーは数多くの生き物、柔らかい珊瑚礁や固い珊瑚礁から多彩な魚、タコ、ウナギ、藻、いそぎんちゃく、スポンジ、甲殻類、みみず、カメ等。大きい珊瑚礁は一定した拡張にありますが、汚染や、化学薬品、損傷、人間の破壊からのから損害、病気等からの被害も受けています。珊瑚礁の枝は非常に敏感で、簡単に破壊されてしまいます。

すばらしい海洋の世界を見ることが出来る為に、訪問者としていくつか守らなくてはいけない事があります。一般ルールと言えば、見てもいいけど触らない事!

  • ハワイの海洋生態系の保護
  • 珊瑚を足やフィンで歩んではいけない。
  • 珊瑚をバランスを保つ為や興味からつかんではいけない。
  • 最もわずかな接触からでも珊瑚は破壊されることがある。
  • どんな海洋生物でも触ろうとしてはいけない。
  • 礁の組合に協力すること。
  • 家庭内でさえ化学用品の使用を抑える―遥か離れた所での化学薬品使用もいつかは太平洋に流れ着くため。
  • 珊瑚礁に近づかない為、スノーケリングしている間浮揚装置を身に着ける事。
  • ダイビングをしている時は、礁の形成からの距離を保つ為に係留浮き輪かなどを使う事。
  • 珊瑚礁を保護する組織を支援する事。
  • 科学性の高められた殺虫剤および肥料を使用しない事。
  • 礁の重要性を知り他人にもその知識を提供する事。
  • 収穫された礁の魚だけを買う事。
  • リサイクルする事。
  • 水を節約する事。
  • 釣りやごみ捨てなどの違法行為を報告する事。

気を付けて!

海洋物の中には危険な物もあります。次の生き物には注意して下さい:

くらげ―透明な触覚のあり刺激のある針を持っている生物です。アンドンクラゲ(The box Jellyfish)が一番海岸の近くで見つけられます。通常くらげの侵入が多いところでは標識が出ています。

カツオノエボシ(Portuguese Man-of-War)-くらげと同じようですがクラゲより大きく苦痛な痛みを引き起こすことがあります。半透明な、浮体はピンク、青いまたはバイオレットであるかもしれません。

―曇りの日または微光の時の水泳はすこし落胆させられますね-こんな時に、鮫は普通餌を与えられるのです。グループで水泳をしたり、明るい色を身に着けないことをお勧めします。また、魚が跳んでいる区域での水泳を避けて下さい。

ウナギ―ウナギは厚い、滑らかな皮及び鋭い歯を持っており、人間を攻撃する事もあります。彼らは岩の割れ目や岩場の潮だまりで時を過ごすのを好みます。

ウニ―トゲで覆われた丸いこの生き物はハワイ語でwana(ワナ)と呼ばれ、岩礁の表面でみつけられます。また、肌に鋭いトゲを残し痛みやアザを残すこともあります。

ハワイの水中世界は偽りなく個性的で美しく、これらの太平洋を訪問するすべてからの協力によって成り立つ様に、海洋の生態系は繁栄大きくなることです。ハワイの海岸に沿って探検するなら、海洋の基本ルールをいつも忘れないで下さい:見てもいいけど、触らない事。