ハワイのスノークリング

ハワイはスノークリングの楽園です。それは、ハワイの何処ででも素晴らしいスノークリングの浜を見つける事が出来るからです。ハワイでスノークリングをするのには2つの方法があります―個人でするか、旅行会社のツアーを利用するかです。

もし初心者でハワイの海をあまり知らないなら、専門的に教えてもらえるスノークリングのツアーを利用することをお勧めします。自分自身で行ってみたい場合は、十分な計画を事前に立てスノークリングに適した海を見つける様にしましょう。

スノークリングのツアーを予約するのなら、ただハワイでスノークリングが出来るという事だけでなく、十分に楽しめるという期待を持つことも大切です。ツアーによっては、ボートで美しい海の景色が見えるところまで連れて行ってくれます。というのも、島で最もよい珊瑚礁のいくつかは、浜辺から少し離れた所でなくては見れないのです。そこでは沢山のイルカ、ウミガメ、熱帯魚のような海洋生物を見る事が出来ます。

また、ボートで、釣、水滑走およびバーベキュウ等も楽しむことが出来ます。ツアーによっては、スノークリングの後にヤシの木の陰の下で緩むことができる海岸でのピクニック参加の出来る物もあります。

スノークリングに必要な物はすべてツアーの会社が用意してくれます。会社によっては、無料でホテルからの送り迎えまでもしてくれます。もし、冬の間の予約ならたくさんのザトウクジラが見られるかもしれません。クジラのような哺乳類は、毎年冬にハワイを訪れ温かい島海で交尾するのです。

オアフ島でのスノークルの場所

オアフの最もよいスノークルの場所と言えばハナウナ・ベイ(HanaumaBay)です。その湾の多様な海洋生物を見学しに、世界中からの訪問者がここを訪れます。ここには450種もの熱帯魚が住んでいます。スノークリングしている間に、ハワイの州の魚フムフムヌクヌアプア(Humuhumunukunukuapuaa)を始め、数多くの熱帯魚を見ることが出来るのです。また、湾の珊瑚礁はとても魅了的なものです。他に見られる海の動物と言えばウミガメやウナギでしょう。

この湾には少し特別な環境のために、州の水中公園および保存地区として保護されています。ハワイ州の住民でない人たちは公園に入る為に$5の入場料金が必要となります。湾の何処にでも珊瑚礁がある為、海では専用の靴をはくか、ヒレを付けましょう。

他のとても人気のあるオアフ島でのスノークルの場所と言えば、北海岸のシャークのコーブ(Shark’s Cove)です。

マウイ島でのスノークルの場所

マウイ島には4つの海の世界とされる地域があります―ホノルア・ベイ(Honolua Bay)、アヒヒ・ベイ(Ahihi Bay)、ラ・ぺロウセ・ベイ(La Perouse Bay)と、モロキリ・クレーター(Molokini Crater)です。それらは、マウイ島でのとても人気のあるスノークルの場所です。もし、近くに滞在するなら是非近くまで行ってみて下さい。モロキリ・クレーターは海辺から入ることは出来ません。ただし、幾つかのツアーがボードで湾まで案内してくれます。

ホノルア・ベイはカパルアの北にあります。スノークルの最高の時期と言えば、水が穏やかな夏です。アヒヒ・ベイはマケナ・ビック・ビーチ(Makena Big Beach)の南にあります。ここは、他の湾とは少し離れていて、素晴らしい海の世界と、ひと際変わった珊瑚と岩が見られます。

ラ・ぺロウセ・ベイはアヒヒ・キナウ自然地域区(Ahihi-Kinau Natural Area Reserve)とされています。このあたりは岩が多く、溶岩で覆われていていますが、スノークリングの条件は特に水が穏やかなときは最高です。

カウアイ島のスノークルの場所

カウアイ島の暖かい海洋水は世界中の他で見ることができないほど、何百もの熱帯魚が住んでいます。キー・ラグーン(Kee Lagoon)はカウアイ島で人気のあるスノークルの場所です。それは北端のハエナ・ビーチ・パーク(Haena Beach Park)の近くに位置されています。北岸のもう一つの人気のあるスノークルの場所と言えばトンネル・リーフ(Tunnels Reef)です。海辺には豪華な水の世界があります。もし、初めてのスノークリングならガイドと一緒にいくのがお勧めです。

もし、カウアイ島に夏の間に行くならば、ア二二・ビーチ・パークを訪ねてみてはどうでしょう。そこはまた、素敵なスノークリングの海であります。しかし、冬の間は波が高く危険な為、スノークリングは避けましょう。

もし、スノークリングの初心者であれば、リドゲイト・パーク(Lydgate Park)へ行ってみてはいかかでしょうか。そこには岩の壁がスノークリングをしている人達と泳いでいる人たちを激しい波から守ってくれます。他の人気のあるスノークルの場所と言えば、ソルト・ポンド・パーク(Salt Pond Park)、 ビーチ・ハウス(Beach House)、 ポイプ・ビーチ・パーク(Poipu Beach Park)です。

ビックアイランドのスノークルの場所

ビックアイランドでの人気のあるスノークルの場所と言えばカイルアコナの南へ約12マイル(19のkm)行ったコナ・コースト(Kona Coast)のケアラケクア・ベイ(Kealakekua Bay)です。そこは、海洋生物の保存地区(Marin Life Conservation District)である為にナポオポオ(Napoopoo)からボートかカヤックでしか到達可能ではありません。この湾は多様な熱帯魚と豪華な珊瑚礁が存在します。ケアラケクア湾の水は年間を通して暖かく、スノークリングには最適です。

その他の人気のあるスノークルの場所と言えば、パワイ・ベイ(Pawai Bay)です。この湾はカイワイ・ポイント(Kaiwi Point)のリリウカラ二女王(Queen Liliuokalani)の土地と言われている場所内に位置されており、ボートでだけでの到達可能な場所であります。この湾はベテラン及び初心者のスノークリングに向いています。