ハワイでのサーフィン

ハワイ- 世界のサーフィンのメッカ

サーファーが大きい波をつかまえる事はハワイのあまり評判が良くない北の海岸だけで求めているのではありません。Waimea湾、サンセットビーチ、Banzai Pipeline, Haleiwa-これらの地は世界中のサーフィンのアマチュア、プロ、プロになる人たちの場所でもあります。ハワイはサーフィンのメッカ、最も高くきれいな波の存在を自慢出来る場所の一つです。

真のハワイ人の伝統

一体ハワイ以外のどこで、ハワイの市内局番(596―SURF, Oahu)をダイヤルし、今日の現在の波のレポートを受け取ることが出来るのでしょうか? オアフの南海岸はサーフィン初めての人にはもってこいの場所です-ワイキキでは始めて来る人の為にボードの貸し出しと、初心者向けの波の状態でのレッスンを提供しています。 冬(11月- 4月)は頻繁に20フィート(7m)を越える高波が、オアフの険しい北の海岸の最大なサーフィンの季節です。

北太平洋からその海岸線に起きる巨大な波のうねりは、波乗りの人々と、現地の浜のあふれる群集達を楽しませます。しかし、気を付けて下さい-高いうねりはベテランの大きい波のライダーだけの為です! サーフィンは世界の最も危ないスポーツの1つであり、最も熟達したライダーでさえ海洋の予測不可能な力に犠牲になる事もあるのです。 夏の(5月- 10月)大半は、通常うなる程の波が衰え穏やかに変わり、スノークリングには持って来いのコンディションです。

ほとんどの有名なサーフィンの場所にはニックネームがついていて、それらは、地図上では見つけられないことが多々あります。一番いいのは、人に何処の波がいいかを自分のレベルと時期をわきまえて聞きにあたるのがいいと思います。オアフの最も有名なサーフィンの場所と言えばVelzyland, Backyards, Gas Chambers, Backdoor, Pupukea, Long Cabins, Leftovers, Chun‘s Reef, Laniakea, Silver Channel, Avalanche, Kaena PointそしてWallsです。

サーフィンの歴史

そうです、言うまでもなく、ハワイ州人こそがサーフィンを“スポーツ王”、ハワイ語で「hee nalu」と名づけたのです。イギリスの大尉Cookの到着の後、ジェームス王中尉がこの珍しい活動で従事している古代ハワイ州人の最初の記述を記録する人でした。島を観察している大尉Cookと非ハワイ州人が驚いたのが、現地の人たちは水の扱いに敏感さと優越感があった事です。彼らは、高い木から削られた長い板をボードにして内陸に向かってボードにのったり、立ったりしていました。

海はミステリーなものでしたが、生命を与えるia (魚)とkai (水)は、古代ハワイ州人にとって生き延びるのに必要な物と思われ非常に評価、尊重されていたのです。海洋は注意深く調査され、流れおよび潮は密接に観察され、採取され、航海され、サーフィンをも徹底的に研究されたのです。それは、ちょっとした娯楽だけではありませんでした-最大なスキル、スタミナ、柔軟性およびバランスを要求します。サーフィンが出来るハワイ出身の人々は、他人を尊重する人たちが多いようです。それは彼ら自身にある、多様性,スタミナ、バランスから来ていると思われています。サーフィンや海の芸術を習得できるハワイ州人は社会で高い評価を受けているとも言われています。高級責任者(alii)は最も素晴らしい海辺でサーフィンし、最もよいサーフボードを使用していると言われています。

サーフボード

完全な波へにのると言うのが芸術である様に、その波を捕獲するための完全な乗り物までもが芸術といいます。サーフィンがスポーツとして広まった1900年代初めに、サーフィンは芸術としても活気を広げていきました。最も古いサーフボードとしては、koaの木かRedwoodから作られたのもです。それらは頻繁に10フィート(長の3.5 m)の長さで、150ポンド(68kg)以上と言われています。やすりで磨く技術が扱われる前は、木炭が仕上げのために使われ、木の皮や木炭が棟梁や堅果油の為に使われていた様です。

サーフボードが科学と共に発展され物理学の技術によって展開された上で、サーファーたちは少ない力でより遠くへ、少ない怒力でより速くへ行ける様になりました。今日のボードは軽く今までに無い程に空気力学的があります。塗料とガラス繊維は滑らかになし上げのために使用され、ポリウレタンフォームはサーフボードの浮力は増やすので放棄されたbalsawoodや合成の木製のタンカーは新しい波を最も利用できるサーフボードに変えたのです。

ショートボードの紹介はかなりのサーファーが達成を試みれたことで、また驚かされました。1960年代後期および1970年代初期では、サーフボードの平均長さは10フィート(3.5のm)から6フィート(1.8m)まで縮まりました。サーファーの新しい変化は無限の可能性ですばやく変わっていったのです。

長年にかけて、サーフィンは展開、拡大し、今日のサーファーは複数の波乗りを楽しんでいます:

  • ロングボーディング(Longboarding) -通常9フィート(2.7m)かそれよりも長い。一般に、サーフィンをする人が約3フィート(0.9 m)本人より長いか長くないかを選びます。Longboardsはshortboardsよりも操縦が少ないかもしてません。しかし、一般的に浮力があり推進された易くバランスが取りやすいです。
  • ショートボーディング(Shortboarding) -大体、6、8フィート (1.8および2.4 m)で尖った先で鼻および円形か角張った尾の先をしています。shortboardは操縦しやすいがlongboardより浮力が少ないと言われています。
  • トー・イン・サーフィング(Tow-in Surfing)-水上操艇 (ジェット機のスキー)か、ヘリコプターでサーファーをサーフィン場所に落とす事です。膨大な波で水をかくのに大変な場所でのとサーフィンの時に使用します。
  • ボディーサーフィング(Bodyboarding)-サーフィンで使っているボードよりも小さく軽いボードを使い、胸の下や、お腹辺りまたは、膝をボードに付けた状態で水上を滑ります。

公爵

1800年代後期にサーフィンがスポーツとして低下を見ましたが、大尉Cookの到着の後にそれは再び少数の強固なサーファーによって人気を増しました。Kahanamoku公爵はオリンピックの水泳でも優勝した事のある、最も有名で尊敬されたサーファーで、ハワイの運動競技を典型しスポーツを人気のあるものとした人とされています。公爵はサーフィンを本土に広げ、またオーストラリアにも広げたと信じられています。1905年に公爵と彼のサーファーの相棒がHuiNalu (波のクラブ)というサーフィンのクラブを始めたのがきっかけで、多数に影響が及ぼされたといわれています。公爵と彼の仲間は"ワイキキのビーチボーイズ"と呼ばれ、正にスポーツの真実の王でした。

波の競争

最も大きい競争と言われるサーフィンの三冠は、オアフの北の海岸で毎年11月から、1月に行われます。波が予測不可能である為、ほとんどの波のコンテストの日程、は日や週間単位で決められます。コンディション等によっては、予定通りに行われないこともあります。

他の人気のあるサーフィンのイベントはMenehune Contest, Haleiwa International Open, The Excel Pro, the Quicksilver Eddie Aikau Big Wave International, the Backdoor Shootout, the Bodyboarding Pipeline Pro, the World Championship of Women's Bodyboarding, the Monster Pipeline Pro, the Banza Woman's Pipelone Championship, the Buffalo Big Board Contest, the Pipeline Bodysuring Classic,の他にしろおとのイベントが世界中にあります。

記録された歴史家のAbraham Fornanderによるサーフィンの詠唱、Kahuna から受け継がれたサーフィンの歌:

Ina aohe nalu, a laila aku I kai, penei e hea ai
(もし、サーフィンがなかったら、何か海の仕事をしたい)
Ku mai! Ku mai! Kanalu uni mai Kahiki mai
(Kahiki からのすばらしいサーフィンが起こりはじめる)
Alo po I pu! Ku mai ka pohuehue,
(激しい渦巻きの波がやって来る)
Hu! Kai koo loa
(高い波でのサーフィン)

サーフィンと言うスポーツにはスリル、あふれ、栄光の競争のなどが含まれています。サーフィンはハワイの豊富で文化の一つとされ、言葉では表現出来ないほどの自由と愛を込めたサーフィンをする人たちの生活の一つとされています。多数の人たちはハワイは素晴らしい波でサーフィンの経験が出来る場所だといいます。もし、忘れられない波乗りを探しているなら、ハワイがお勧めです。もし、まだその様な準備が出来ていなくてもサーフィンを十分楽しめるのはハワイでしょう。