ハワイのクジラ監視

クジラの監視は季節的なもので、ハワイの冬の時期に大勢の人で賑わいます。ザトウクジラは、世界で約10,000頭から15,000頭居ると言われていますが、それらの1,000頭以上が、毎年11月の終わりにハワイの熱帯水にやって来ます。それらは4月の終わりまでハワイに居ます; 中には5月の中間まで留まり、その後長い道を経てアラスカへ戻って行きます。

クジラはハワイ諸島どこの海でも見ることができ、小さな船または大きいな船を利用し、多くの添乗員が日中や日没のクジラの監視巡航を行っています。その様な殆どの巡航は、クジラを目撃出来る事を保証している為、万が一クジラが見られなかった人達には別の旅行を無料で提供しています。通常、旅行の価格に飲み物、軽食、詳しいナレーションが含まれます。旅行会社によっては水中聴音気を用意してくれ、水中でのクジラ同士のコミュニケーションを聞くことが出来ます。

ザトウクジラを学ぶ最も良い方法と言えば、潜水艦の中で自分が海の世界に住んでいると思い込む事でしょう。ハワイでは、アトランティスの潜水艦と呼ばれる潜水艦をもつところがあり、オアフ、マウイ、ビックアイランドで運航されています。

太平洋のザトウクジラ

太平洋のザトウクジラはアラスカと中央カリフォルニアの海岸からハワイに移住して来ます。泳ぐ速度にもよりますが、約1か月から2か月掛けて夏に3,500マイルの道のりをハワイに向かって泳いでくるのです。泳ぐ速度は普通3-9 MPH (4.8-14 kmh)ですが、危険にさらされた場合には15-16.5 MPH (24-26.5 kmh)の早さで泳ぐことも出来ると言われています。

クジラは、感覚を開けた大きなグループで休みなしで泳ぎます。母親と子供のクジラの結び付きは強いのですが、通常は他のクジラ同士の結びつきはあまり強くありません。暖かい熱帯のハワイの水は、ザトウクジラの繁殖の条件に良いと言われ、メスのクジラの妊娠期間は10-12か月と言われています。

太平洋のザトウクジラはヒゲクジラと言われ、シロナガスクジラ、ナガスクジラ、イワシクジラ、マッコウクジラに並び、5番目に大きいタイプのクジラです。それは35から52フィート(10.6から15.8m)の長さで、1フィートあたり約1トンの重量があるそうです。さらに、メスはオスより大きいのです。ザトウクジラの心臓は大きく、その重量は約430ポンド(195のkg)もあります!

科学者の間で、太平洋のザトウクジラはMegaptera novaeangliaeという名で知られています。この名前の由来は1781年にドイツの博物学者ボロウスキ(Borowski)から受け取ったのです。それは“大きい翼のニューイングランド人”を意味します。大きい尾、およびヒレから“大きい翼“と呼ばれ、一度はニューイングランドの海にいた、という事実から“ニューイングランド人”と呼ばれたのです。

すばらしく驚くほどの歌い手

ザトウクジラが変わっているのは、すばらしい歌を歌う能力があるであるからです。彼らは長く複雑で美しい歌を知っていて、本当に興味深いものです。しかしながら、クジラが歌っている歌の意味はまだ誰にも分かっていません。また、オスは繁殖の期間の間に長い歌を歌いますが、それはメスを引き付ける為なのかがまだ証明されていません。

メスのクジラも音を発しますが、オスだけが長く整った音を発せると言われています。歌の長さは場合によりますが、長くて20分まで続きます。それは20マイル以上響き渡ることが出来るのです。驚くべき事に、すべてのオスは同じ形式と音を使って歌を歌うのです。そして歌のパターンが変わるときは、他のオスの歌のパターンも変わるのです。そういう訳で、オスはいつも同じ歌を歌っているのです。

バッブルネット・フィード・ハンディング

もう一つのザトウクジラの驚くべき才能と言えば、バッブルネット・フィード・ハンディングと呼ばれる供給能力です。それはグループ探求の技術と言われ、1頭、1頭のクジラにそれぞれの役割があるのです。まず、1頭のクジラが魚のグループの下で泡を吹きます。そうすると、魚たちは泡によって泳ぐことが出来ず、パニックになります。その後で、他の複数のクジラ達はパニックに陥った魚に音を出して怖がらせます。そのときに、他のクジラ達はグループの輪になってパニックになっている魚たちを捕まえながら水の表面まで引っぱって行きます。そこで、その魚たちはクジラの餌となるのです。クジラは1日に1トンの食糧を取ると言われています。しかしハワイにいる間は何も食べないでいる様です。