ハワイの天候

一年中気持ちの良い気候

今までに暑すぎず、寒すぎず、いつもちょうどよい気候の場所をイメージしてみてください。その暖かさと穏やかな貿易風、マイルドな温度と晴れ晴れとした空を持ち合わせ、ハワイは年間通して訪れるにはとても理想的なバケーションスポットです。通常、ビキニ、タンクトップとショーツは一番適した服装です、しかしながら、もし夜に浜辺に沿って歩いていると、薄手のジャケットを持っていた方がよいかもしれません。

ある人からすれば、地元の天気予報士がいくぶん退屈すると思うかもしれません、しかしそれどころか、島には多くの様々なコンディション、そして楽しみがあります。毎夜のローカルニュースで、潮のリポート、流れのリポート、風分析、雨量統計と他の詳細な情報とともに、島全体のためのサーフリポートを知ることができます。

ハワイ諸島は、対照的な驚くべき場所です。ハワイの地形の劇的なバリエーションにより、旅行者は付随的な最高潮な違いも見つけることができます。たとえば、ハワイ(別名ビッグアイランド)の島で、あなたは浜辺に立ち寄って、同日にマウナケアの頂上で太陽とヘリスキーを堪能することができます!ハワイの壮大な山々(それは最高13,796フィート(4,205m)にもなります。)は、回帰線から下位北極の気候的な範囲まで及びます。全体として、島の天気は、楽しくて、決して単調でありません!

気候範囲

ハワイは、世界(各々、独特の生態系と天気特徴を持ち合わせて)の13の気候地帯のうちの11を誇ります。高度、様々な気圧、雨量、風と地形学のような要因は、島中で特徴的なロケーションをつくるために組み合わさります。ハワイ諸島で遭遇するかもしれない気候は、1,300~1,650フィート(400~500m)とアルペン地帯(10,500フィート(3,200m)を上回る寒い地域)より上部にある特定の場所で、海面から450フィート(137m)、つまらなくて半不毛な地帯、島で最も暖かい部品、温帯まで、湿った熱帯を含みます。

もしいくつかの山または火山の登山をする予定でしたら、より涼しい温度を感じれるかどうかを確かめてください。通常、温度減少は、1,000フィート増加(305m)ごとにおよそ華氏3.5度の上昇がみられます。ハワイ諸島はそれぞれ砂漠、熱帯熱帯多雨林、温暖でツンドラ気候の計4つの主要な気候にっとてホームであるので、たとえどこにいようとも、驚くべき自然の多様性をここで経験するチャンスに巡り合えます。

季節

ハワイは、わずか2シーズンしかありません。 –冬は 11月から4月、夏は5月から10月までとなります。冬は快活な北西の著しく湿った風によって、2、3度より涼しくなります。島の平均温度はおよそ華氏80度(26.6C)です。そして、太陽が沈んだあと、華氏10度(5.5C)のクールダウンとともに冬の期間におよそ華氏75度(23.8C)にまで落ちます。夏は平均およそ華氏78度(25.5C)にまで上がり、冬は平均およそ華氏85度(29.4C)まであがります。6月と7月は、通常、全ての島々が最も乾く月です。ハワイの冬の期間にさえ、雨と雲量は非常に断続的なので、日なたで十分な時間を得るのが良いでしょう。

時間帯

ハワイにはその独自の時間帯(適切に言えば「ハワイの標準時間」というものがあります)ハワイは夏時間を含めないので、アメリカ大陸の後方に位置する島々の時間帯は異なります。夏時間の間、もしアメリカの西海岸で人々とお話をしているならば、3時間先になり、そして夏時間でないときは、2時間先になります。米国の東海岸においては、時差はそれぞれ5時間と6時間です。

風上と風下

ハワイの島の上にいることによって、実際気候において微妙な違いが生じます。西側が(風下の側)暖かくて乾いている一方で、各々の島の東側、または風上の側では通常涼しくて、湿って、風が強いです。

雨量

ハワイは、生気を与える雨のおかげで地球で最も緑の多い場所のうちの1つとなっています。毎日、島のどこかで雨が降り、そして、太陽が明るく輝いている間、少量の雨が降るのはよくあることである。カウアイ島にあるワイアレアレ山の火山のクレーターは、1年で平均平均486インチ(1,234cm)もの降水量を記録し、そして、地球上で最も湿った場所と考えられています!対照的に、2、3箇所では年に6インチもしくはそれ以下(15.2cm)の雨量を記録します。ハワイ島にあるヒロは年に雨量が130 ~200インチ(330 – 508cm)にもなるアメリカで最も湿った都市です。島では、ハワイ語で「kilihune」と呼ばれる、穏やかな曇っている雨が降るのはよくあることですが、クーリングオフに効果的なのです。

照りつける太陽

ハワイが赤道付近にあるために、島がとてもいい具合に心地よい暖かさを保っています。晴天日に、太陽は特に激しく照りつけるので、悪影響を及ぼさないためにも、帽子と日焼け止めを忘れずに。万が一、日焼けをしすぎてしまった場合には、地元アロエをカットして、直接おしあてることが鎮静療法となります。

ハワイは熱帯の端に位置するので、島は強い貿易風と時折の熱帯低気圧になる傾向があります。ハリケーンは珍しいけれども、島は北部で発生する太平洋嵐の危険にさらされます。場合によっては、島は激しいうねり、雨ととても大きな波を持ち合わせた嵐の「余震」に唯一、遭うのです。4つのハリケーンだけは、1957年以降島で観測されました。

湿度

陸地に囲まれた地域から訪れるのであれば、着陸と同時に空中で湿気をすごく感じることでしょう。典型的にドライな地域(例えばコロラド)からの来客者は、皮膚にある補充された質に気がつくかもしれません、あるいは、髪が、シャワーまたは泳ぎを楽しまれた後、乾かすのに、より長く時間がかかるかもしれない。ハワイ諸島は、冷却の貿易風によって湿気レベルを簡単に減少させます。まれに、貿易風がないとき、湿気は空気を少し重くします。様々な気候地帯と海抜との間に位置するホノルルで、平均63%の湿気があり、湿度はわずかに毎日異なるかもしれません。

サーファーたちにとって、ハワイは世界で一番大きな波を楽しめるパラダイスなのです。オアフのノースショアは最も人気のあるスポーツのプロコンテスト、Vans Triple Crownが行われる場所です。それは、毎年11月と12月に開催されます。島のどの場所で最高の波を体験できるか見つけ出すために、毎日の波リポートをチェックしてみてください。

海洋気候

ハワイへの訪問客は、いかに海洋水がいかに温かいかということに驚くでしょう。時期によって、海岸を囲んでいる海面温度は、華氏73度から80度(22.7~26.6C)にわたるかもしれません!今が、快適な泳ぎを楽しむときです!

貿易風

ハワイに住んでいる人々と訪問客は、毎時平均12マイル(19.3km)で島を通り過ぎる北東からもたらされるこれらの安定して涼しい微風に感謝します。貿易風は、通常、夏の月の間に安定していて、少しだけ弱くて、冬とは相反しています。

コナ風

南東からもたらされるコナ風は、冬に気候変動を伴って、島に非常に必要な雨をもたらしてくれます。

ハワイ語で「アヌエヌエ」と呼ばれて、虹は島でよくみることができ、そして雨を曇らせている光が伴っているのもしばしば見ることができます。

活発な海風の援助のおかげで、ハワイの雲量は、通常あまり長い期間停滞しません。雲は、山より上にたちこめて、雨をしたたらせて、進む傾向があります。島が曇り始めているのに気づいたら、心配しないで大丈夫です。おそらく、直に通り過ぎるでしょう。そして、偶然突然の土砂降りまたは小雨に見舞われることがあったとしても、数分で晴れあがるかもしれないので、安心してください。

温暖な気候、美しい風景、暖かい海と軟風がハワイを完璧なバケーションスポットにしているのです。