ハワイ政府:ハワイ諸島は誰が統治している?

ハワイの政府は他の米国州に似ていますが、いくつかの異なった点があります。 州憲法はもともと米国憲法と対立しないためにハワイの王国の憲法から模倣されたものです。

英語およびハワイ語は公用語となっておりますが、公文書は特に両方で印刷されていなくてはいけないと言う訳ではなく、また国家公務員は流暢なハワイ語を話せなければいけないと要求されている訳でもありません。Admission Dayはハワイの州の休日であり、8月の第3金曜日に指定されています。

独立国家以前のハワイ

Iolani Palace1898年8月12日にホノルルのIolani宮殿で行われた式で、ハワイの主権は形式的に米国に移りました。 当時、Sanford Doleはハワイの知事として任命されました。

ハワイの祝歌、(ハワイPono`i王のKalakauaによって書かれた)はハワイの旗が下げ、米国旗が上げられた時に歌われました。

第二次世界大戦後

第二次世界大戦後、ハワイ州人は国家独立を望んでいましたが議会は政治の心配と同様、会合のために反対的でした。そんな訳で、1947年に米国の衆議院は独立国家の法案を可決しましたが、米国の上院はそれを断ってしまったのです。

1959年にアラスカが第49州になるまで、議会はハワイが連合に入るような投票しませんでした。しかし、 1959年1月のアラスカの参加後、49の星が付いている新しい旗は設計され、1959年7月4日にフィラデルヒィアの独立ホールにて上げられました。

しかし、その旗は1年間だけの公式で終わってしまい、1960年7月4日第27旗の旗 、50星の旗が発行されたのです。それが、今日までの米国の公式の旗として残されています。

Dwight Eisenhower大統領は3月18日に法案に署名し、1959年6月27日にハワイの選挙民のによる独立国家のための投票が17-1になりました。そして、 ハワイは1959年8月21日に第50州になったのです。

独立後の国家

Hawaii State Capitol1969年に、新しい州の国会議事堂の構造は完了しました。 ハワイの憲法は1950年に設立され、1959年に独立国家の達成に有効になりました。 知事は4年毎に選ばれ、行政機関を導く者となったのです。

立法府は4年毎に選ばれる25人のメンバーを持つ上院と、2年間の契約条件で選ばれる51人のメンバーが付いている衆議院からなります。州は2人の代表および2人の上院議員を米国議会に選び、4つの選挙人団の票数を持っています。

そのころハワイは民主州として長く知られていました。民主党員のJohn A. Burnsは、1962年に知事と選ばれ、そして1966年および1970年にも再選されました。 Daniel Inouyeは1962年にハワイの民主党の上院議員選ばれ、1987-1988年イランContra Committeeの議長として選ばれました。

ハワイの経済面では、防衛、観光事業および食品加工は重要な役割を担っていてました。また、ハワイは 、米国アジアの国家および太平洋間の経済的、教育的、文化的な橋としも重大な役割を果たしていたのです。

1990年代には、ハワイ州人は人口の増加 (特にオアフ島で) および観光業の繁栄と同時に、自然と環境の美の維持に直面していました。 2000年5月では、Bill Clinton大統領は連邦政府局にハワイの珊瑚礁を含む海岸の保護プログラムを、拡大するための命令を下しました。

ハワイ州人の主権

ハワイ州人にとって、顕著な政治問題は近年の主権の獲得の一歩でありました。彼らの土地の、推定2,000,000エーカーは危機にさらされていたのです。

1996年に、200,000人程にもなるハワイ州人の子孫たちが独自の政治形態を確立するための投票を行いました。 1998年8月には、米国ハワイのその様なハワイ州人の併合の100年記念日であり、米国の連邦政府からの完全な主権を要求するで行進がワシントンD.C.で行われました。

そのような動きなどから、ハワイ州人は2000年7月に上院議員のDaniel Akakaによって、ハワイの議会から権利の後援を受けることになりました。 その権利とは、ハワイ州人は彼ら自身の政府を設立することが出来、それは、アメリカインディアンのそれに類似した状態であると言うことでした。

9-11の後

2001年9月11日米国のテロリスト攻撃および2003年にイラク戦争が圧倒的ハワイの訪問者にかなりの影響を及ぼしました。2003年3月19日にイラクとの戦争の始めから2003年4月までには、ハワイの訪問者は約3分の1にまで、減ってしまたのです。

ハワイ立法府はU.S.Patriot Act(アメリカ愛国条例)の拘束力がない決断の非難を討論していました。そして、2002年のHomeland Security Actで、(米国保安条例)(テロリズムと戦う為の新しい中央政府力を含む)ハワイの居住者の人権を脅した行為を避けるために州および地方公務員に命じたのです。

Hawaii'のいくつかの真実

Hawaii State Sealハワイの州のモットーは、州のシールに表示されるように“Ua mau ke ea o ka aina i ka pono”である- 「土地の生命(主権) は正義によって永続する」。この句は1843年7月31日にKamehamehaIIIが発言した為、ハワイ王国のモットーになりました。 その日、女王ビクトリアの布告後、5ヶ月の長いイギリスの占領は返還されました。

それらが1959年5月1日に、ハワイ州の公式のモットーとして採用される事になりました。ここに、そんな 州のシールについての興味深い事実を紹介いたします:

1959年は独立国家の日付を表す。

朝日は高貴な王冠、マルタ十字のオリジナルの紋章付、そして新しい州の生れを意味する。

Kamehameha王はハワイの旗を握る自由の高貴な紋章付き外衣の2人のを表す。

ハワイの旗のそれぞれの初めと、4つめの縞はハワイの8つの主要な島を表す。

王の前の、家のドアの前に置かれた、二つ目、三番目のPuloulouかtabuのボールと棒は、彼の権限および力を示す。

ここでは、それは政府の権限そして力の印である。

死および復活を表すフェニックスは、君主制からより自由で民主的な政治形態への変更を象徴を意味する。

バナナの群葉およびmaidenhairシダによって並んでいる8つのタロイモの葉は典型的なハワイの植物相である。 タロイモには生命を意味し、宗教の重大性を含んでいる。