ハワイの歴史

ハワイの始まり

13世紀そして14世紀の間に、ハワイ原住民は数多くのタヒチからの移住に圧倒させられました。実際、ハワイ諸島に一番初めに住み着いた人々はポリネシアの航海者だったと言われます。そして、初めにこの島を訪れたヨーロッパ人は、1778年の英国の探検家大尉ジェームスクック(Captain James Cook)で、彼が今のサンドイッチ島を英国のサンドイッチ伯爵の名と取り、名付けたと言われています。

その当時、島は戦争中で原地の王の支配下でありました。クックの戦闘能力は原住民に驚きを与えましたが、彼は結局ハワイの(ケアラケクア)Kealakekua湾に上陸したときに殺されてしまったのです。クックの訪問の際に、列島は3つの王国に分けられたのです: ハワイ(ビックアイランド)、オアフとマウイ、そしてラニアとモロカイ島です。

島の統一

当時ハワイを支配していた最高者の死後には(カメハメハ)Kamehameha (1736-1819年)が王に就きました。10年、12年後には、カメハメハ王は島々との通商により20船の船までも持つ様になったのです。また、王は外国人から他の品々をも購入していました。

戦闘的な精神と武器の導入により、カメハメハ王は他の王国を攻撃し始めました。そしてついに1795年、カメハメハ王はハワイの島々の支配者のなったのです。しかし、ハワイの多くの人々はカメハメハ王の支配を決して認めませんでした。

これらの区域の人々は征服されたのですが、事実上は国際地域社会がハワイ王国全体の諸島の所有権や政治実体を握っていました。

宣教師

宣教師は1820年に島に到着しました。1825年のカメハメハIII就任から1854年の彼の死までの間、王はキリスト教の教えを取り入れ様と宣教師の助言を頼りにしていました。宣教師は学校を設立し、ハワイのアルファベットを開発し、そしてハワイ語に翻訳した聖書を作成したりしていました。1839年には、カメハメハIIIは宗教自由の保証を出し、翌年に立憲君主国は設立されたのです。

君主制

1874年にアメリカの影響により、カラカウア(Kalakaua)が王と選ばれました。 彼はヨーロッパやアメリカ血統のある住者を外国の侵略者と解釈し、彼自身が国庫の制御をするという形の古代的なシステムを取り入れる事に力を入れました。

それは4日間に渡るイギリス、フランス、米国、および外国人、拘束されていた原住民によって、結局反対されてしまったのです。

製糖業

1848年になると土地の私有化を可能にする為と、資本投資の促進の為に封建的な土地システムは廃止されました。このころまでには1830年代に広げられていた製糖業には安定した設立が保たれていました。

ヨーロッパの国家はハワイを彼らの帝国に加える事にかなり興味を持っており、またハワイはそれを恐れていました。そんな訳で、砂糖農園がアメリカのビジネスとしての併合と考えられ始め、1875年に条約がついに交渉されました。

その条約は1884年に更新されましたが、認可まではされませんでした。正式な認可は、1887年に入って米国が真珠湾に海軍基盤を確立する占有権を与えることで成り立ちました。米国に輸出された砂糖の量は非常に増加し、製糖業に投資するアメリカのビジネスマンも増えていったのです。

リリウオカラニ(Liliuokalani)権力の上昇

リリウオカラニ女王は1887年の憲法を維持するために宣誓を取りました。そして、4つの変更が行われた1892年の立法会議には、彼女のあへん、宝くじ、そして柔軟な内閣へ対する概念の為に8か月にも長引かされました。

彼女は絶対君主国の提供と1887年以降投票していた市民権の剥奪の新しい憲法を作成したのです。コミティー・オブ・セーフティー(安全委員会)(Committee of Safety)は暫定政権を形作り、1890年に解散した有志の軍の再構成を市民集会で任命しました。

市民の大きな会合と呼ばれる暫定政権は認定されました。コミティー・オブ・セーフティー(安全委員会)は政府の建物を所有し、君主制公布宣言の廃棄、実際に暫定政権が設立しました。

その間、2人の有志の軍隊が戻ってきました。リリウオカラニ女王の大臣の助言によって、女王はしぶしぶ降伏し、彼女の権限を復帰させるために懇願したのです。

共和国

条約の併合はベンジャミン・ハリソン大統領任期が終わる直前に1カ月交渉されましたが、結局は大統領の後継者、クリーブランド大統領によってその併合は取り消されてしまったのです。

ハワイ共和国の合州は最初の大統領S.B.ドールの就任の後、間もなくおこりました。秘かな計画としては共和体制を打ち倒し、元の君主制を取り入れるはずでしたが、警察の分隊との早期の遭遇が、町中を驚かしその計画は水に流れてしまったのです。

その後、前女王(リリウオカラニ女王)の武器、弾薬、告発文書が見つけられ、前の宮殿に9か月間結局阻止され投獄されました。1895年1月には、彼女は王位に対して、すべての要求を形式的に放棄し、共和国対しての忠誠の誓いを取りました。

現代時代”

1897年3月の大統領のマッキンリー(McKinely)就任式で、米国との交渉は再開しました。ハワイは議会の決議案によって、その後まもなく形式的に付け加えられました。形式的な主権の移動は、1898年8月に米国の旗が官庁の建物に上がったときに起なわれたのです。

1941年12月7日日本の真珠湾攻撃によって、アメリカの第二次世界大戦突入が始まりました。ハワイは太平洋の重要な基盤操作とされ、アメリカが太平洋戦争の勝利に役立ったのです。

1958年、ハワイの市民はハワイがアメリカの州になることを支持し、1959年3月にドウエイト・アイセンパワー(Dwight Eisenhower)大統領が独立国家の手形に署名をしました。 そして、ハワイは形式的に1959年8月21日にアメリカ第50州となったのです。

1992年9月には、カウアイ島がハリケーンイニキ (Iniki)によって世紀による荒廃に遭いました。第二次世界大戦の終わりから経済的に支えられおよび人口増加を育んだハワイは、90年代にその成長が衰えました。また、ハワイの観光事業の経済は2001年9月11日のいたましい事件によって衰えましたが、今日には十分に今日回復してきています。