ハワイのピジン-ハワイの第3言語

ピジン語はハワイの英語と言われています。それは、Eh、howzit? や、Wassamattah you? Cannah talk d kine? (Hey, how’s it going? What’s the matter? Can’t you speak Pidgin?)等です。この様な言語は、世界中の何処を探してもハワイ以外の場所では聞くことが出来ません。と言う理由で、ピジン語は地元で愛されているのです。英語を母国語とする人ならピジン語の意味を理解出来ると思いますが、そうでなければ少し難しいかもしれません。

多くの旅行者が、ピジン語に魅力を持つので、地元の多くの旅行会社は、ピジン語を話せる人を進んで雇い、電話応対などの接客をしてもらっています。お客側もそんなサービスが好ましく、旅行会社も顧客が増えると言う訳です

実際に、ピジン語には独自の文法と単語があります。本屋では、ピジン語の辞書と、“Da Jesus Book”と呼ばれる、ピジン語の聖書が見つけられるでしょう。

もともとピジン語は、19世紀ごろに農園業の為にハワイにやって来た労働者達から、伝えられてのです。そして、中国語、日本語、ポルトガル語の影響が混じっているのであります。

いくつかのピジン語の単語と言い回し

Brah / bruddah:兄弟あるいは友達の意味。友達同士で親しみを込めて、 特に男性同士がこの表現を使います。

Broke da mout:美味い

Bumbucha:非常に大きい

Chicken skin:鳥肌

Fo’what:何

Fo’real:本当

Garans:保証

Gromd:食べる

Hana hou:もう一度

Hele on:行こう

Howzit:元気

Huhu:怒る

Keiki:子供

Kokua:世話 手伝い

Like beef?:喧嘩する気?

Lolo:ばかばかしい

Lua:浴室

Moke:地元の強い人

Nevah:決して‥ない

Opake:幽霊

Opu:おなか

Okole:尻

Ono:美味い

Pau:完成、終了

Pupus:前菜

Spahk:調べる

Stink Eye:軽蔑そうに見る

Talk stink:誰かの悪口を言う

Tita:非常に強い女性

Tutu:祖母

Tutu kane:祖父

Whaddsdascoops:何してるの?