ハワイの農業

多様な穀物類

一年中穏やかな気候と肥沃な土地のおかげで、ハワイでは、数々の異なった農業が盛んです。そしてここでは、およそ40%の土地が農地であります。ハワイ州は、牛、ブタ、ミルク、卵および蜂蜜を含むおよそ3,600の農場と、1,100の畜産場があります。そして、ハワイの年間の平均農業の収入はおよそ$357百万ドル程であるのです。

ハワイの農業について、まず初めに人々の頭に浮かぶ穀物は、サトウキビ、パイナップル、マカデミアナッツと、コーヒーでしょう。これらは、島の非常に重要な穀物でありますが、ハワイの経済を支える為に他にも多くの穀物があるのです。それらは、ショウガ、バナナ、タマネギ、サツマイモ、レタスや、穀物の種等です。

歴史

1778年に初めて欧米人がハワイ諸島を訪れた時、原地のハワイ州人はいろいろな種類の食糧を食べていた事が発見されました。それは、島にはブタ、鶏、ショウガ、カワ、タロイモ、チタニウム、砂糖、バナナ、ココナッツ、サツマイモ、パンノキの実が、あったからです。

1790年と1870年の間には、染料として使うビャクダンと言う木と、捕鯨がハワイの農業工業の中心となっていました。残念ながら、それらはもうハワイの農業工業の一部分ではありませんが、歴史として強く残されています。

その後100年に渡り、欧米人はハワイに植物や動物を運んだ為、現在のハワイの豊富な農業に至るのです。

サトウキビ

キャプテンクックが1778年にハワイに来ましたが、その以前から、サトウキビは繁栄していました。1802年には、ラナイの人々は石造りのローラーを使用し、サトウキビを押しつぶし甘いジュースを作っていたと伝えられています。

そして、最初の砂糖農園がカウアイ島に現れたのは、1834年でした。Ladd & Companyという会社が、カメハメハIIIから、サトウキビ育てと収穫の為に980エーカーの土地の許可を得たのです。

ハワイの気候は、サトウキビには最高でした。そして、その農作業は活気付き、1959年までには、12人に一人の割合で、サトウキビの製糖業に携わっていたのです。

今日でも、砂糖はまだハワイで育てられています。しかし、時が経つにつれ、多くの製造所が閉まり、現在では多くのハワイの砂糖は、カリフォルニアで処理、包まれ、販売されています。

多くの旅行者は、サトウキビの収穫を火事と誤解する事があります。それはハワイでは、“サトウキビを燃やす”からです。そしてその時、ハワイの地元の人たちは貿易風が、島の煙と灰を吹き払う様にと願うのです。サトウキビの収穫の際には、おそらく黒い灰が島の部分を覆っているのに気が付く事でしょう。

人によっては、サトウキビが燃えているときアレルギーがひどくなるといいます。もし、ひどいアレルギー体質の人や、喘息等を持っている人は、事前に医者と相談しておくと良いでしょう。

マカデミアナッツ

マカデミアナッツは、1882年にオーストラリアからハワイに持って来られたのです。そして、それから約40年間、マカデミアの木は美しさの為に、装飾用の木とされていました。それは今では、最も普及したハワイ諸島以外から持ってこられた穀物の一つとされています。

最初のマカデミアナッツの農園は、1921年に作られましたが、穀物が実際に有益になったのは、1950年代でした。今日では、ハワイの700の農場と8つの製造工場を通して、マカデミアナッツは世界の90%をハワイで供給しています。

ハワイを訪れている間に、多くのマカデミアナッツの種類を見つけられる事でしょう。そしてそれは、非常にいろいろな形で食べられます。焼かれて塩を加えられたり、飴、魚や肉と一緒にして、また、マカデミアオイルとして等です。

パイナップル

パイナップルは、ドンフランシスコ・デ・ポーラ・イ・マリンと言う、カメハメハ王のスペインの顧問が、1813年にハワイの島に持って来たと文書に残されています。しかし、1527年にスペインの船がビックアイランドのコナの南海岸の沖で破壊された時に、パイナップルが持ち込まれたとも言われています。この大破では、多くの物が沖へ流されてしまった様なので、おそらくパイナップルもそれらの1つだったのかもしれません。パイナップルは1813年の導入以来、すぐに島の最も有益な穀物の1つになりました。

1898年に、カリフォルニアのアルフレッドW. エアメスはデルモンテを形作りました。そして、1901年にはジェームス・ドラモンド・ドールはドールハワイアン・パイナップルカンパニーを作りました。1909年には、マウイ・ランド・アンド・パイナップルと言う会社も形成されたのです。この3つの島のパイナップルの会社は、後に非常に大きくなりました。1930年までには、9,000,000のパイナップルが8つの種類の缶詰になりハワイから輸出されています。1960年代には、ハワイは世界のパイナップルの80%を占めたのです。

今日、パイナップルはまだハワイで育っていますが、昔とは変わりました。ハワイよりも安くパイナップルを販売出来る場所がある為に、以前ほどの有益はなくなってしまったのです。そんな訳で、現在は2% 程のハワイのパイナップルが世界に回っています。

2008年には、デルモンテはハワイのパイナップル生産を、マウイ・ランド・アンド・パイナップルと、ドールの2つだけにすると発表しました。

パイナップルは、ハワイで唯一の飛行機で米国本土に持ち込める、生鮮食品であります。

コーヒー

コーヒーもまた、カメハメハ王のスペインの顧問によって 1828年に持ち込まれたと言われています。そして、1828年に最初のコーヒーの木が宣教師によってビックアイランドのコナで植えられたそうです。そうやって、絶妙なコナのコーヒーは始まったのです。

1930年代では、コーヒーはハワイの商業穀物になりました。今日では、ハワイ州に715の小さなコーヒー農場があります。ハワイでは、世界の唯一アメリカ生まれのコーヒーを提供しているのです。

休暇中に、“コナブレンドのコーヒー”を注意して見てください。ほとんどが、実際にはハワイのコーヒーはたったの10%しか含まれていません。本物のコナのコーヒーは、確かに高価でまれな御馳走であります。そんなコーヒーは、ひとくちひとくちを満喫して味わらなければいけませんね。