ハワイの火山

ハワイ諸島は地理的に少し特有です。それは、アメリカで唯一火山岩だけで構成されている州であるからです。そして、70,000,000年程前から進化し始めたこれらの印象的な火山は、今でもハワイの謎とされています。厳密に言うと、何千フィートもの海底の下から、ハワイは大きな火山として繋がっていると言う事が言えるのです。海水に見えるのは、わずかな巨大な火山地形だけであります。従って、ハワイの各諸島は山が何回も噴火して、海水上に現れた島だという事を証明します。海の中にも沢山の火山の山がありますが、それは後ほど紹介します。

ビックアイランドの火山

マウナロア

60マイル程の長さで30マイル程の幅のマウナロア山は、ハワイの総面積の85%を取囲みます。マウナロア山の意味は“長い山”であり、海上水位13,681フィートであります。この山は、世界で最も高い山の1つとされており、また世界の活火山の1つでもあります。山が高い為に、冬には雪が積るとも言われているのです!

この山で初めに噴火があったのは、1843年と記録されており、その後33回の噴火があったと言われています。マウナロア山の最近の噴火は、1984年3月―4月にあり、近い将来に再度噴火することが予想されている為に、山は現在ハワイの火山観測所によって一定の観察の下にあります。

マウナロア山は傾斜山であり、通常多くの流動溶岩流が作り出される盾状火山であります。盾状火山の変わった特徴は、他の惑星でも存在していると言う事です。例えば、太陽系の惑星中で発見されたものでは、火星にあるオリンパスモンスであります。

コハラ

コハラは、500,000才以上であり、他の火山に比べて(乾燥した土地)、最も古い火山であります。コハラはの盾状火山で、海上水位5,480ftでハワイの島の5.8%を占めます。コハラの噴火活動は、山が2倍も大きかった300,000年に比べて減少されており、現在では不活性火山であります。最後に噴火が起こったのは、約120,000年前と推定されています。

コハラの噴火がだんだんと減少されていくとともに、マウナケアと、マウナロアが、南側の辺りを埋めてきました。その事実は後に、厳密な火山の形やサイズ、要因や要素段階などの定めを困難にさせたました。

ロイヒ

ロイヒはハワイの火山鎖の最も若い火山として、海下水位1,000メートルの高さで水中にあるタイプの火山として浮上しています。ビックアイランドの南東海岸の沖にあるこの海底山は、海上3000メートルであります。ロイヒという意味は“長い”で、火山の延長された形が原因で与えられた様です。

そしてこの火山の存在する“ハワイのホットスポット”と呼ばれる場所では、マウナロアとキラウエアも位置しています。一度の休止状態だったロイヒは、1996年に再び火山活動を始めた、大きい噴火の活火山になりました。それ以来は、断続的にずっと活動をしています。

キラウエア

最も活動のある火山の1つとして知られているキラウエアは、最も若い事でも知られています。ビックアイランドの南東の地域に位置し、キラウエアは活動的なマウナロア火山の側面に並んでいます。キラウエアは非常に調査、監視されています。それは、噴石とPuu Ooの燃えがらの円錐形からの連続的な溶岩流が絶えないからです。

“キラウエア”は“噴出”や“広がる”の意味で、1983年の定期的な噴火を参照します。キラウエア火山は、ハワイの神話には不可欠です。それは、ペレの家、火と火山の女神であるのです。ペレはなだめられれば、親切で優雅で、無礼に扱えば怒りを感じそれを火山で表現します。

マウナケア

盾状火山のマウナケアは、海面上13,784フィートで、海面下15,000フィートあります。その全体の高さは、約29,000フィートであり、地球上で最も高い火山とされています。“マウナケア”とはハワイ語で“白い山”を意味し、他のマウナロア山やキラウエアとは少し違います。それは、現在休止状態で、最後の噴火は、約4,500年前でした。変わっているのは、数少ない噴火、急な地形、頂上のカルデラはなく、溶岩にさまざまな化学成分が含まれている事です。また、その火山は何千年も前に形作られた氷河がある所とも言われています。ほとんどの人々がハワイに氷河があることを知りません! 山が高いので、冬には頂上に降雪が見える事もあるでしょう。

マフコナ

マフコナ火山は水中にある火山で、ビックアイランドの北西側面に位置しています。以前は800フィートを越えた地上の火山であったのですが、現在は海水下3,600フィートであります。“マフコナ”の意味は、“風下の蒸気”を意味します。

フアラライ

フアラライはビックアイランドにある、3番目に若く3番目に歴史的な活動山であります(マウナロア、キラウエアに次ぐ)。あまり評判の良くないコナコーヒーの出生地であるカイルア-コナは、フアラライの南西斜面に存在します。フアラライは有名なハワイの操縦士の奥さんハワイロアから名づけられたと言われています。

フアラライは、以前多くの溶岩を流していたと言われています。そして、ケアホレ空港はフアラライ溶岩流の上に作られたとも言われています。1929の一連の地震には、フアライが再び噴火するのではないかと脅かされたものです。

マウイの火山

マウイには、東と西に1つづつの火山があります。

マウイの東の火山

それはハレアカラとも呼ばれ、1700年後半以来、ケラウエアを除き唯一噴火した山です。島の3番目に大きい火山として、ハレアカラは過去10,000年間の間に、10回の噴火をしていると言われているほど非常に活動的です。そして一番最近の噴火は、1790年であります。地質年代フレームによると、この記録はかなり活発であると言われています。そんな訳で、ハレアカラはまた噴火の可能性が近いうちにあるのではないかと言われています。

ハワイ語で“ハレアカラ”は“太陽の家”を意味します。そして、山の頂上には有名なハワイの歴史と神話があるのです。頂上のハレアカラクーレターは、観光客に人気のある場所です。

マウイの西の火山

それは、1.3または2百万年前に形成されたと言われています。科学者によると、最後の噴火はおよそ1,000,000年前と推定しています。そして、西のマウイは消滅し、危険ではない山と言われています。

モロカイ島の火山

モロカイ島では、マウナロアとも呼ばれるウエストモロカイと、ワイラウとも呼ばれるイーストモロカイの2つの火山があります。

ウエストモロカイの方が小さく、イーストモロカイはモロカイ島の東3分の2を取り囲みます。ウエストモロカイのほとんどは海の中に位置し、他の火山島の溶岩流で埋められているか、地すべりによって動かされたと言われます。

オアフの火山

オアフ島には、コオラウとワイアナエ火山があります。ワイアナエは、西部かウインドワードの半分にそびえ、コオラウは東かリーワード側にそびえます。

コオラウ

それは玄武岩の火山で、オアフ島の大体3分の2を占めます。

あまり評判の良くないダイヤモンドヘッド、ハナウマベイ、ココクーレターは火山を見にくる多くの観光者で毎年賑わいます。コオラウは、他のハワイの火山より溶岩が高い無水ケイ酸であるのが特徴であります。

ワイアナエ

ワイアナエ火山は高く他の2つに比べて古いです。そして、雨水の欠乏で沿岸水が少なくコオラウよりも少し乾燥気味です。

ハワイの火山が噴火し続けると同時に、ハワイ諸島は育ち、変わり続けるのです。破壊的な噴火が起こり、それがハワイの生命を永続させるのです。是非、そんなハワイの火山を実際に目にし、それらが美しいハワイの島を作り上げた(そして今も)事を感じてみて下さい。