ハワイの植物

ハワイの植物は美しく豊富でさまざまです。亜熱帯地域のハワイは、気候と土壌火山灰の二つの要素から、健康なさまざまな野生の花を育てる条件を含んでいます。ハワイのいたる所で、多くの木や花々を見る事が出来るでしょう。岩にでさえ、大きく咲いている花もあります。

ハワイには、2 つのタイプの花があります。それは昔からハワイにあった花と、他から持ってこられた花です。昔からの花は、地方の独特さがあり、風、潮、鳥の自然の名の力により運ばれてきた花の咲くもの、咲かないもの、また木等があります。ただ、実際にはこの様な形での増加は、およそ90,000 年に一度しか起こらないと言われています。

そして、もう一つのハワイの植物としては、外から入ってきた種類のものがあります。それらは、ハワイに移住してきた人達によって持ち込まれました。彼らは、新しい植物と動物の影響をハワイにもたらしたのです。それが理由で、島々には現在多様の植物が存在するのです。

しかしそれは一方、地方特有の植物に悪影響を与えました。ハワイに元から咲いていた花達は、他の新しい花や木達に囲まれ始め、だんだんと消えうせていったのです。最終的に、ハワイへの移民が始まってからおよそ9ヶ月ごとに、1つの品種の植物がなくなる羽目になってしまったのです。

50,000種類の地元の動植物が育っていた中で、今日では2, 600の種類だけが残っています。その中の、30%は滅亡されていると、U.S. Fish and Wildlife Service (USFWS)では言われています。2003年には、273の地元の植物とされるものが絶滅危機にさらされていたとUSFWSの調査では分かっています。また、世界絶滅危機にさらされている植物の半分は、ハワイの地元のものと言われています。

ハワイの植物一つと言われている木々も、豊富で、多様です。ただし、ハワイ本来の木は、わずかです。19世紀の始めには、2,200種類の木々があっただけでした。その内の50%の木は、絶滅しかけているか、既に無くなってしまっているかのどちらかになってしまいました。

ハワイの昔からの木で今も残っているのは、キアウィ、ハウ、パンダヌス、ククイ、コアです。キアウィはシダに似た葉が付き、ハウは花を持ち枝が交互にかみ合っています。パンダヌスの木は、ハラとも呼ばれ、パイナップルの冠ようは尖った葉を持っています。それは、とても役に立つ木でもあります:その葉は、麦わら帽子、バスケット等を織るのに使われるからです。

またコアの木は、島で最も古い木で、最も高い木とも言われています。そして、非常にたくましく多くに利用出来るのです。木の幹は、ボートやカヌーに使われます。それは、コアは海水に強いからで、サーフボードにも適用されます。コアは、ハワイの高級家具マホガニーの材料としても使われ、森の王とも呼ばれます。

ハワイは コアの木が豊富と言われていました。しかし今では数は減少し、森や山中でもわずかです。そんな訳で、今では既に州の保護の木ともされ、使用に制限がされています。

ハワイの花にも、さまざまな種類があります。それは、その明るさだけでなくほほえましい香りも喜ばれます。実際に、ハイビスカス、ピカケ、ハワイアンローズは、香水に使用されています。また、レイと呼ばれる、開花で作られた首飾りにも使われます。

ハイビスカスは、象徴的なメッセージを伝達するためによく使用されます。もし、女の人が開花したハイビスカスを左の耳に付けていたのなら、その人は、心に思う人がいて、他の人には興味がない事を表します。また、女の人が花を右に付けていたなら、その人は一人身だという意味です。

ハワイで見つけられる花:

ポポ・ハウは中国から来た植物です。この花には、多くの異なる名前があり、ジャパニーズ・ハイドランジア、アジサイ、ビッグ・リーフ、ホルテンシア、ミル・フロレス等と呼ばれています。この花は8 フィートの高さにまで成長し、小さいくても2 フィートまで成長します。

ドワーフ・ピットスポルムは、ハワイで最も一般的な風景植物の一つとされています。この植物は、1970年にハワイに始めて運ばれました。そして、3フィートまで大きくなります。

コクタンは、アジアのからの花といわれています。日本では、シャリンバイと呼ばれ、その意味は車輪で、葉が茎の配置を調整すると言う引用があります。この植物は、韓国と日本の暖かい部分で見られ、沖縄では、コクタンと言います。

また、この花の別の名前は イエド・ハワソオンや、シャリンバイです。イエドは東京の昔の名前江戸です。この植物は、8 フィートの高さまで大きくなります。上部は光沢があり暗い緑で1-2インチです。

紫の葉のハイビスカスは元々は、アフリカから来た植物です。花はジュースをも作ります。その名前は、古代ギリシャ語とラテンのマシュマロを意味するのです。紫の葉のハイビスカスは約 15 フィートの高さに大きくなり、パンや肉に使うゼリーにもなります。

ハイビスカスはハワイ州の花です。しかし、元々は中国南部から来た植物です。中国では、それをフ・サングと呼び、インドでは、サパテゥン-マルと呼びます。花の汁は、食品着色料としても使われます。この花は 3 ~ 20 フィートの高さにまで大きくなり、花びらは2 ~ 8インチまで大きくなります。

バラのシャロンは韓国の国の花です。そしてム・ゴング・ハワと呼びます。また、中国では、ム・チンと呼びます。そして、日本ではムクゲと呼びます。バラのシャロンは約13 フィートの高さにまで大きくなります。 白、クリーム、ピンク、または薄青い紫色の色の花も見かけるでしょう。

ガーデニアは、元々は日本と中国の暖かい領域に咲く花です。中国では、チン・ズや、フアングと言いそれは黄色い花を意味します。この花は、お茶や、香水の香りで使われたりします。

昔は、果物の果肉が白い生地を黄色く染める為に使われていました。ガーデニアは約8フィートの高さまで大きくなります。白い葉は直径で 2 ~ 4インチまで大きくなります。 暗い緑の光沢の葉は、4~6インチにまで大きくなります。

ペンタスは、基は熱帯のアフリカ、アラビアからの花です。この花は時折、頭痛と発熱の為に使用されます。ペンタスは、約4フィートの高さまで大きくなり、その色は、白からラベンダー、紫、ピンク、赤とさまざまです。花は種から成長し、新しい色を生成します。

ドミニカベルの花がハワイへ導入されたのは1934年で、アメリカの農業省から送られて来ました。この花は約12フィートの高さまで大きくなり、緑でだ円形の葉は約6インチ程長くなります。青味がかった黄で、トランペット形の花はそれぞれ約 12 インチ程の長さです。

セリッサはもともとは、南日本、フォルモサ、中国、東南アジアからの花です。日本では、ハクチョウゲと言い、白の羽毛鳥を意味します。この花は、3 フィートの高さまで成長します。

アンスリウムは、その明るい色で最も知られていて、1889年にイギリスの、S.M.デイモンにより、持ち運ばれました。高さ3フィートまで大きくなり、ハートの形の葉は、1フットまで大きくなります。

アエセメアは、通常木に成ります。花がしおれてしまう事もたびたびありますが。それは、1826年にヨーロッパに導入され、それから世界に名が知られ始めました。アエセメアは、2フィートの高さまで成長することができます。

パイナップルの繊維ですが、織り込まれて布に仕上がったりするのです。そして、その種類ですが、5つあります。その中の1つに、レッド・スパニシュがあり、ハワイ語でハラ・カヒキといいます。パイナップルは長く細い葉と共に、4フィート程に成長します。

ハート・オブ・フレームはもともとは、パラグアイ、ブラジル、アルゼンチンの植物で、パイナップルの様に、その繊維は布に使われます。この緑の植物は約 2 フィートの高さにまで大きく育ちます。花が咲く寸前に、葉が赤に変わります。

バード・オブ・パラダイスは、もとは南アフリカ共和国の花です。ヨーロッパや、アフリカで英語を話す人達の中では、クレインの花とも呼ばれます。この花は 4 ~ 5 フィートの高さにまで成長します。

ハワイの人々は、アリイポエ又はリイポエが小さい地球と言う意味だと言う事を知っています。またの名を、カンナと言い、ラテン語でリード、インド語で釈迦からの援助の意味を表します。この花は約 5 フィートの高さにまで成長します。