ハワイの不動産

不動産の信念は常に“場所、場所、場所”です。そしてハワイは住むのに適している場所の為に、人気のある地となりました。ここの住民は、素晴らしい気候、景色、海への近さに満足して暮らしています。

ハワイは、過去1年間に住宅価格は18%上がり、コンドミニアムは34.9%も上がったのです。この様な状況も直ぐに納まるとは言われていましたが、実際にはしばらく上がり続けると推定されています。例えば、ハワイの不動産の価格は2001年から2005年まで99.4%まで上がってるのです。

所有権のタイプ

ハワイでは2つのタイプの土地の所有権があります-無条件相続権(FS)および土地貸借権(LH)です。ハワイの土地を買う前に、FSとLHの違いを知っておくべきです。そこで、ここに2つのタイプの所有権についての有益な情報を紹介します。それと、ハワイの何処で家を捜したらよいかなども説明したいと思います。

無条件相続権(FS)概要情報: 無条件相続権とは、その土地、そしてその土地にある建物を所有する権利です。これは一般的な所有で、ハワイの比較的どこでも見つけることが出来ます。ここでは1800年代後期以来、外国人でも土地を所有出来るようになりました。

利点: 土地と家が自分の物になり、月々賃貸費を支払う必要がない。

不利な点: 高い購入価格。

土地貸借権(LH)概要情報: 土地貸借権特性を買うと言う事は、土地の改善を所有する、ただし土地自体は所有しないことを意味します。つまり、家やマンションは所有するが、土地は借りると言う事です。ハワイでは、この様な所有の形態が頻繁にみられます。特に、オアフの北の海岸の浜辺のマンションです。土地の賃貸借契約は交渉によりますが、通常55年です。ただ、前住居者の契約が終了してるかどうかなどにもよります。あとは、土地所有者との再交渉などによります。

利点: 無条件相続権より低い購入価格で、ほどんどの場合賃貸借契約は税務上の利得がある。

不利な点: 購入費に加算して、土地賃貸費の発生。将来性不確かな賃貸借契約期間。

それではどんな家が買えるの?

今日、ハワイの国家、郡、連邦政府は、39%ものハワイの土地を所有しています。そして37%の土地は、個人の所有のものになっています。

島の不動産のほどんどは、いろいろな選択を買い手に提供しています。これは、空き状況と島々によって違いますが、一世帯住宅、多家族住宅、コンドミニアム、空き地、商業用の住宅、休暇施設等です。では、それらについて紹介してみましょう。

一世帯住宅: 一世帯住宅は、ハワイで最も普及したタイプの持ち家といわれています。現時点では、沢山の新しい一世帯住宅が島にはあります。一世帯住宅の所有者の責任としては、その家の支払い全てに責任があると言う事です。言うまでもなく、それは住宅ローンと固定資産税を意味します。

マンション: コンドミニアムはハワイで人気を得ています。一世帯の出費が多く、家の購入の夢を実行出来なかった家族が多く購入している様です。

コンドミニアムは、“塗られた所”を所有する訳で、共有スペースの、駐車場、プール、BBQ区域、洗濯設備、テニスコート、ゴルフコース等を他の住民と共用します。そういう訳で、一般に共用領域の維持の為の月例維持料を支払う事になります。

休暇施設: 休暇施設はここ30年くらいで普及されてきています。基本的には、ある程度の年の、ある一定期間の所有権を買うと言う事です。(通常リゾートのような設備がついています)

ほとんどの休暇施設は設備が整っていて、他のリゾートの所有者等と交換したりなど出来る様になっています。これは、島に短い期間毎年遊びに来る人にはピッタリのプランです。

オハマ住居”とは何?

“オハマ住居”とは、住宅地の中にある小さな別荘です。ハワイの各郡それぞれのにこの様な別荘の規則がありますが、オハマ住居は住宅ローンの支払いも月々およそ二千ドル位で、賃貸とそれほど代わりがありません。

では一体予算はどの位?

2006年現在で、ハワイの一世帯住宅の平均価格は625, 000ドルであります。 コンドミニアムの平均価格は、309,000ドルほどです。

下記は、どのような家が購入出来るかを、モルティプルリスティングサービスに基づいて見積もりごとに調査したものです。

$200,000以下: この値幅の範囲では非常に数が限られてしまいます。広さは、1,000平方フィート以下で、ほとんどが、貸借です。

$200,000- $500,000: この値幅では、範囲が少し大きくなりますが、まちまちで、600平方フィートから約1, 300平方フィートくらいの広さの家が相当します。そして、この値幅の家のほとんどは、無条件相続権です。また、コンドミニアムの大半はこの値幅にあたります。

$500,000- $700,000: この値幅では、家によってかなり違いますが、ほどんとの場合サイズが大きくなり比較的新しくなります。ものによっては、700平方フィート以下の広さや、2,000平方フィートなのものもあるでしょう。

$700,000以上: この値幅では3つの寝室、1.5の浴室、広さ約1, 500平方フィートの間取りが多い為に、現在では$700,000がハワイの家の平均販売価格と言われています。

勿論、百万ドルをはるかに越える大きい家や、不動産もあります。

不動産業者に求める事

ハワイの不動産業者は協力的な所が多いですが、よりよい不動産業者を探す為には下記の事を所有している事に注目しましょう:

  • 経験
  • 忍耐
  • 快く協力し島を紹介する気持ち
  • 買い手の欲しいと思う家を探す事を協力する気持ち
  • ハワイ諸島の知識
  • ボードオブリアルターのメンバー

購入するにもしないにも、不動産業者への支払いの請求はされないと言う事を覚えておいて下さい。不動産業者は、家の最終価格をパーセントとして支払われるのです。もし、金額の支払いを聞かれたら、直ぐに別の代理店を捜してください。

島の人口統計

ホノルル郡:
人口: 953,207
人口の民族性: 主にアジア人
平均年次家計収入: $71,263

マウイ郡(マウイ、モロカイ島およびラナイの島を含む):
人口: 154,834
人口の民族性: 主に白およびアジア人
平均年次家計収入: $64,583

ハワイ郡:
人口: 185,079
人口の民族性: 主に白人、混合された民族性
平均年次家計収入: $53,591

カウアイ島郡:
人口: 67,091
人口の民族性: 主に白人およびアジア人
平均年次家計収入: $64,422

簡単な不動産についての知恵

どの島に住むのが望ましいかを決める。
どの様な家を購入したいのかを決める。
ハワイを訪れローン等の財政情報の準備をする。
旅行の前に、銀行からの信用報告書を要求し、金融的な問題があれば早めに解決する。
借金があれば、そこから新たに借りれる為の承認された手紙等の要求をする。